LOYALTY 忠誠心・仁義

仕事で台湾に行って来ました。

内容は読めないと思うが以下のサイトで.....

overdope.com

 

仕事より、友人ジミーからの見えないメッセージのほうに感激を受けた。

 

台湾に着いた初日、台北ローカル観光に連れて行ってもらった。

 

台北で一番古い街にある、疫病退治と魔よけの民衆の『艋舺青山』宮寺院に連れて行ってもらった。

f:id:hynm_kakiage:20170712200858j:plain

ここは台湾のマフィアが訪れる有名な寺院だそうだ。

かなりのローカルです。

寺院の中でもっとも気になったのが

背の高く舌を出している神像と

背の低く肌が黒い神像だった。

f:id:hynm_kakiage:20170712200735j:plain

台湾や中国の道教の地獄の神、七爺と八爺と言うコンビです。

彼らは元々人間だった。血縁の兄弟ではないが、兄弟の契りを交わすほどの仲だった。しかし二人の死に様が悲劇すぎ地獄の神が胸を打たれ、二人を地獄の鬼差 (地獄の役職)としたらしい。

 

彼らの死因は様々な説がある。

 

ジミーが説明してくれた一説は、

ある日、大雨で、二人は橋の下で雨宿りをしていた。七爺は傘をとりに家に戻る。八爺に待機するように命じた。八爺は七爺と入れ違いになったら悪いと思い、待ち続けた。雨はだんだんとひどくなり、川が氾濫し背が低かった八爺は溺死してしまった。それを知った七爺は、とても悲しみ、自責の念で首吊り自殺。

七爺の神像は後ろに傘を背負い舌をだしている。

 

血は繋がっていない、兄弟分の忠誠心・仁義の話です。

 

 

 

f:id:hynm_kakiage:20170712201259j:plain

 

 

では

 

Salute

 

Kirk

 

www.expansionny.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HIP-HOPの重要な時間をキャプチャーした 写真家 CHI MODU

f:id:hynm_kakiage:20170618055331j:plain

 

過去に何度か一緒に仕事をしたCHI先輩がSOHOのLEICAショップ(カメラ・メーカー)で個展のオープニングリセプションがあるとの事で遊びに行って来ました。

もう10年ぐらい知り合いですが、今じゃ連絡とるのも大変な写真家です。

 

CHI MODUとはHIP-HOPの重要な時間をキャプチャーした 写真家 。

そうだ!!!

2008年発売されたMURO君とTWIGY君のマイクロフォン・ペイジャーアルバムのアー写も撮ったかな? 今発売中のアルバムSnoop Dogg "Never Left"も彼の写真ですね。

彼はNYの写真専門の学部を卒業後1990年THE SOURCE MAGAINEと言うヒップホッポ専門誌の写真局にて配属。運命的に今現在有名になるアーチストを初期にキャプチャーする。最初の3年間は不本意ながら手当がなかった。しかしながアーチストは彼に撮ってもらえれば雑誌にのれると言うことで名前が次第に知れ渡るようになる。後7年もTHE SOURCE MAGAINEにて貢献する。

またLL-COOL J,MARY J,BLIGE,TUPAC,NOTORIOUS B.I.G. 30人以上のアーチスト 有名なアルバムカバーの撮影をこなし中でも Snoop Dogg`s, Method Manそして Tupacだけの売り上げを計算すると1,000万枚以上彼の作品は目にされていると計算される。

彼の作品は高く評価され XXL, PEOPLE, NEWSWEEK, TIME, THE LONDON TIME, THE GURADIAN, VIBEなどに掲載されテレビではMTV VH1にて世界中のメデイアに公表され。またブルックリン博物館にても彼の作品が展示された。

 

また一緒になにかしようと企んでいるので、その時は宜しくお願いします。

   

彼の作品は以下リンクで

Chi Modu Photography

 

f:id:hynm_kakiage:20170618055049j:plain

f:id:hynm_kakiage:20170618055612j:plain

f:id:hynm_kakiage:20170618055657j:plain

f:id:hynm_kakiage:20170618055713j:plain

 

6/11~7/31 までニューヨークのLEICA STOREで展示させれいますので

お時間ある方は是非!!!

 

LEICA STORE

460 WEST BROADWAY NEW YORK NY 10012

f:id:hynm_kakiage:20170618064631j:plain

 

 

Salute

 

Kirk

 

www.expansionny.com

 

 

偽物が本物になろうという意志のあるラッパーに聞いてもらいたい

f:id:hynm_kakiage:20170614124520j:plain

10年以上の沈黙を破り、FLICKのGOがマイクを握った。

 友人の一人として本当にエールを贈る。

FLICKのKahi Da Handsome のビートも久しぶりに聞けて嬉しかった。

 

本日はGOに敬礼です。

 

Dope lyrics and dope beat.

Congrate and thanks for the motivation.

Life is good.

 

SALUTE

 

KIRK

 

1984 - Single

1984 - Single

  • GO a.k.a. 男澤魔術
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥500

 

 

youtu.be

 

 

 

『やりたいけど、タイムリミットがあるからな。』

f:id:hynm_kakiage:20170608233400j:plain

高校一年生の時ブレイクダンス同好会に入っていた。

井の頭線の明大前の駅から新宿に着くまで、つり革を握ってポッピンの練習を主将、尾崎さんにさせられていた。(笑)

尾崎さんのダンスは繊細で綺麗でかっこ良かった。

皆で家に遊びに行くとマジックの披露やパソコンの前で何かを打ち込んでいた印象が今でもある。

あれから26年が経過。

尾崎さんはモーショングラフィックスプロジェクションマッピング アーティストとして世界で活躍している。

ある意味、エンターテーナー。

26年前と変わらず、人に感動を与え続けている。

まるっきりブレていない。

 

 

vimeo.com

 

vimeo.com

 

Salute !!!!

 

 

www.expansionny.com

 

Netflix "The Get Down" 終了

 

f:id:hynm_kakiage:20170526005900j:plain

少し残念な話でNetflixで配信されていたオリジナルドラマ『ゲットダウン』が打ち切り。問題は1億2000万円のコスパと300万人の視聴率しかとれなかったそうです。

半沢直樹で5000万人とすれば、かなり少ない。

『ゲットダウン』とは70年代のニューヨークを舞台にヒップホップの誕生を描くドラマです。

最初の6話までは面白かったんですが、後はフィクションすぎる構成と青春ドラマと.....

 

70年代後半LAに住んでいたので、最悪の治安と社会状態だったニューヨークに凄く興味があります。ニューヨークの70年〜80年代、100万人以上の白人層は郊外や他の都市に移住したそうです。(笑)

でもその反面、凄いカルチャームーブメントの時代だったと思う。 

不況の時代こそ、付加価値のある人が注目された時代。

 

そんなニューヨーク80年代のフォトT-SHIRTSの販売とポップアップショップが東京、台湾、上海とで6月7月と行われる予定です。

 

また告知しますね。

 

youtu.be


youtu.be

 

 

Salute,

 

Kirk

 

www.expansionny.com

 

不夜城と言われた歌舞伎町でのティッシュ配りの注意点

もし新宿歌舞伎町でポケットティッシュを配っていなかったら、このアパレルの仕事はしていなかった。

f:id:hynm_kakiage:20170517044648j:plain

 1994年21歳の夏、日本に一時帰国してバイトをしていた。

ジャニーズ系列の日サロ広告のポケットティッシュを歌舞伎町の劇場通り(一番街)で配っていた。歌舞伎町は女性に声をかけるキャッチ(スカウトマン)や怖い方々や変わった人など様々な人間模様だった。バブル崩壊の後だったけど、活気のある街並みで新宿は好きな街だった。

ティッシュ配りの仕事にはノルマがあり、枚数を配り終えると仕事が終わるシステムだった。なかなか通行人は受け取ってくれない。

手に5〜6個ポケットティッシュを両手で握り『どれだ〜?』と通行人に選んでもらうシステムを始めた。

すると配り終える時間が今までより、かなり短縮された。

 

俺の通行人への話術を気にかけたキャッチの方々から、うちで働かないかとオファーをされるようになった。

極妻系の姉御さんに『ガチャピン』と言うあだ名をいつの間にか授かった。

劇場通りに行くと『ガチャピンおはよう!』とキャッチに声かけられる羽目になった。

 

ある時『あれ書上じゃね?』と声をかけられた。

高一の時クラスは違うが、一つ下の階の小川君だった。

『すぐそばでお店始めたんだよね。』『NYに買い付け行くから遊んでよ。』

以前、友人が新宿に面白い洋服屋があるからと誘われた店『JACK POT』のオーナーだった。

 

ここからアパレル業界に足を踏み入れてしまった訳です。

 

あの時キャッチのバイトに移行してれば、このフイナムのブログには書き込んでいなかった事は確かです。

 

不夜城と言われた歌舞伎町でのティッシュ配りのバイトには注意してください。(笑)

 

決して後悔はしてません。

 

今後何が起こるかわからないから

 

『毎日磨くスニーカーとスキル』by TWIGY

 

 

Salute

 

Kirk

 

f:id:hynm_kakiage:20170517021322j:plain

 

 つづく

 

www.expansionny.com

 

 

 

 

 

 

STAP細胞のように時間をかけて作る。

f:id:hynm_kakiage:20170511000919j:plain

アメリカ製のポロシャツを一から作った。

オリジナルの鹿の子生地を16ヶ月の歳月をかけてノースキャロライナで編んだ。

去年も作ったんだけどね....

祝率の問題で結局.....

納品出来なかった。

その時は洗いにかけると6cmも縮みやがった。

生地屋と喧嘩した。

六年もお世話になっているので....ギリギリの線で言い合いは辞める。

一度や二度、生地屋も工場も喧嘩をしないと上手く商品は出来上がらないのが

アメリカの物作りだと思う。

ようやく何度も作り直して2〜3cmの縮みに抑えた。

 

こうやって一からSTAP細胞のように時間をかけて作る。(笑)

 

f:id:hynm_kakiage:20170511001413j:plain

黒の染色は特に気合を入れた。

少しビンテージぽい綺麗な表情の黒をニュージャジーの染色工場で何度も染め直して作った。

 

f:id:hynm_kakiage:20170511005212j:plain

そして何年もお世話になっているペンシルバニ州の工場で縫う。

 

f:id:hynm_kakiage:20170511010020j:plain

EXP 『NYロゴ』はコネチカットの刺繍工場で付ける。

EXPオリジナルのコロゾナットボタンを使用。

 

こちらでより!!!宜しくお願いします!!!

 

EXP1701 APPLIQUE NY POLO SHIRTS "BLACK"www.expansionny.com

 

f:id:hynm_kakiage:20170511011734p:plain

 

 

 では

 

Salute

 

Kirk

 

www.instagram.com