読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3度目の正直と言うか...

EXPANSION

EXP1626 P Coat

f:id:hynm_kakiage:20161121102337j:plain

漸く6年ぶりにピーコートが出来ました。

3度目の正直と言うか...

f:id:hynm_kakiage:20161121104610j:plain

 5〜6年前、見た目 メルトン・ウール生地と言える程の厚手スエット生地でピーコートを作りました。日本でしか作れ無い素晴らしい技術です。しかし残念ながら後染めのさい、計算違いの縮みが出て販売出来なかった。これがカットソー業界の難題です。湿度によって生地の縮みが違ってくる。また生地を切る前日、1日テーブルに寝かせて縮みを調整することもある。カットソーの世界は深く、本当に恐ろしい業界です。

 

そして昨年、発売予定だったピーコートはアメリカ製のデットストック生地でUS海軍が使うピーコート用のメルトン・ウールをニュージャージーで見つけた。生地屋にホールドしてもらう約束をした。展示会後、生地屋に連絡したら間違えて他者に売ってしまったと返答。これまた発売出来なかった。

 

かなりEXPANSIONのデイーラーさんには迷惑をかけた。

 

ピーコートとは縁がないと思い始めた矢先に、イタリアのアウトドア生地製造専門社からウール混合で裏地がフリース・ボンディングされたイタリア産の生地見本が届いた。値段は通常の1.5倍。迷ったが確実に面白いピーコートが出来ると確信した。

f:id:hynm_kakiage:20161121102038j:plain

そして最後に水牛ボタンにするかプラスチック・ボタンにするか.....? 水牛とプラスチックの違いだけで約2,500円は違う.... 今のプラスチックボタン産業はかなり進化している。水牛ボタンとプラスチック違いはあまりわから無いが、重みと手触りはやはり違う。後は、価値観の問題。最後までこだわり通してて水牛ボタンにした。

f:id:hynm_kakiage:20161121101613j:plain

あえてテーラード・フイット(体のラインが見えるよう)にしました。NY マンハッタン・ガーメントディストリックトでの生産です。

 

EXP1626 P COAT "GRAY"www.expansionny.com

 

では

Have a nice day. 

SALUTE

 

KIRK 

 

www.expansionny.com