福沢諭吉って意外とHIP HOPである

以前BLOGでも紹介した、過去EXPANSIONのデザイン

も手がけたCEY ADAMS先輩のアートワークだ !!!

 

f:id:hynm_kakiage:20170814025845j:plain

 

ヒップホップ誕生44 周年ということで今Googleロゴが【DJ クールハーク】仕様になっている。

それもほぼ世界中だそうだ。

 

なぜGoogleが ?

 

それはHIP HOPと言う文化が漸く世界中で福沢諭吉ビジネス)として成り立つからだ。

f:id:hynm_kakiage:20170814032531p:plain

需要があると言う事である。

 

しかし日本の担い手がしっくりしない。

 

先日政治って意外とHIP HOPであると言う自民党のポスターが問題視されネットで炎上してましたね。

f:id:hynm_kakiage:20170814035724p:plain

今HIP HOPをキャッチコピーとして取り上げるのには最適なタイミングだと思う。

 

でも

 

頼みますよ。

 

このままだと日本のHIP HOPは低迷する気がします。

 

人に感動を与える書き込み投稿

そして広告代理店さん!!!

ちゃんと勉強してメデイア戦略してください。

 

HIP HOPは本当にかっこ良いので!!! 

 

 

HIPHOPとは元々70年代NYのブロンクスで行われていたブロックパーテイーで生まれた文化。

グラフィティ、ラップ、ブレイクダンスと言う三大要素ですよ。かなり面白く深いんです。

 

 

PHASE2と言うグラフティーライターをご存知かな?

グラフティーライターFUTURA2000が唯一尊敬するライターです。

1970年代~80年代にわたりNew Yorkの初期Aerosol Art, Subway Artシーンの最前線で活躍し、" Bubble letter"や“Arrow letter”など数々のスタイルやマナー、セオリーを生み出してきたStyle Innovator… そして生まれたばかりのHIP-HOPカルチャーをPoster, Flyerなどのビジュアルサイドから表現し、Breaker, DJとしての顔も持つOriginal B-BOYです。今現在、口論中で話していませんが、先輩かつ尊敬する友人です。

 

彼にはよく昔HIP HOP文化の始まりの話しをしてもらった。

HIP HOPと言う用語はアフリカ・バンバータと言うDJが呼称したと言う説もあるが、元々はダウンタウンの白人がブロンクスでブロックパーテイーをしていた黒人やヒスパニック系をバカにした俗語として使っていたとも言われている。

ブロンクス内では、ギャングの縄張り争いで治安が悪い時代だったので、ローカル内で個々のHIP HOPと言う文化が生み出されパイオニアが出現する。でもSouth BronxのDJ クールハークが一番影響力あったのかな?なのでHIP HOPの用語や、誰が本当に始めた?と言うことは100%定かでは無いとも言われている。

しかし何処の縄張りでもGraffiti writing(グラフィティ),MCing(ラップ),DJing(DJ) ,Break-dancing (ブレイクダンス)は行われていたのは確かだ。

 

 

担い手不足、需要の減少、ビジネスにならないと文化は消えますよ。

とブツブツとコメントしてみました。 仕事に戻ります。

 

Salute

 

Kirk

 

www.expansionny.com