反感を買う

人種差別に抗議するため、NFLのコリン・キャパニックが国歌斉唱時に起立を拒否する社会派ムーブメントを生み出した。そんな彼がナイキ広告塔に就任した。それにより、ナイキのスニーカーを燃やす動画を投稿した消費者もいる。

不買運動が頻発したりと反対派によるボイコット行為が世界各地で広がっていた。

ちなみにジョーダンを燃やす動画は見ないですね。(笑)

しかし

ナイキの宣伝で、オンラインのセールスが31%アップ。そして今年の株価も29%上昇。キャンペーンを仕掛けた側からすると、実はすべて当初の戦略どおり現実が推移したのだと思う。

 

過去ルーマニアのチョコレート『ロム』が売れなくなり、パッケージをアメリカの国旗のデザインに変え国民に反感を買い、一ヶ月後デザインを再度変えたら売り上げは倍増。これも戦略。

 

EXPANSION NYもキャンペーンを..... 

 

f:id:hynm_kakiage:20180911131005p:plain

 

 

ではまた次回。

 

Salute

 

Kirk

 

 

www.expansionny.com